WORKSAFE

ワークセーフ

ISO-Base™(アイソベース)
免震プラットフォーム

ISO-Base (アイソベース) はメインフレームコンピュータやサーバラックの下に設置することにより、地震発生時の震動や衝撃を吸収し、重要なIT資産を保護するサーバラック用免震装置です。地震活動の際にサーバラック用免震装置上に載せられた機材による床への負荷も大きく軽減します。

システムをシャットダウンすることなく短時間で設置可能

ISO-Baseを床に置き、機器を載せるだけでOK 。従来方式のようなボルトやアンカーでの床への固定はありません。システムを止めることなく容易に設置できます。

米国、日本、カナダで特許取得。126,000システム以上の納入実績

AT&TワイヤレスやNTT/Verioなどのデータセンター標準仕様として採用。ボーイング、シスコ・システムズ、HP、スターバックス、IBM、UNISYS、NASA、カナダ政府、日本国内官公庁及び日本国内では1,500社以上の企業、全世界に126,000システム以上を納入しています。

規模が大きくなればなるほど顕著なコストパフォーマンス

導入コストも、ランニングコストも驚くほどのコストパフォーマンス。配線工事も自由でラックの数が増えれば増えるほどコストパフォーマンスが飛躍的に向上します。

オフィシャル規格の要求基準を上回る高耐震性

カナダ政府、アメリカエネルギー省のUBS/IBC 地震ゾーン4 ※(Telcordia 社=旧Bellcore 社によるNEBS 認定)の要求基準を上回ります。また、2004年の中越・福岡の地震や東日本大震災でも耐震性が実証されています。(当社調べ)

・地震学者リヒターのスケール(Richiter Scale)で、マグニチュード7.0 ~8.3 に相当します。阪神・淡路大震災の規模はマグニチュード7.2です。

耐久性に優れ、増設、レイアウト変更も容易

スチール製ボールベアリングと上下のロードプレートを組み合わせただけのきわめてシンプルなオープンフレーム構造。メンテナンスフリーに限りなく近く、また、プランク単位で増設も容易、レイアウト変更も自由に行うことができます。

幅広い耐震ニーズに対応

メインフレーム、サーバラック、ディスクシステムをはじめとする情報機器関連はもちろん、各種実験器具、精密機器あるいは貴重な装置・設備類の保護にも最適です。

床工事を行うことなく簡易免震床をつくることが可能