海洋生物付着防止装置のご案内

船舶は様々な要因によって性能が低下し、安全運航に支障を与えることがございます。その1つの原因として、シーチェストや海水管系統にムラサキイガイ、フジツボ等の海洋生物が付着して、通路を閉塞し、海水流量の不足により主機関や補機がオーバーヒート、あるいは積荷に重大な影響を及ぼすことがあげられます。船舶においてはこのところ入渠インターバルが長くなっていることから、貝類がシーチェストや海水管内で増殖するトラブルの発生が少なくありません。

使用いたしますユニシェル(薬剤)は、環境への配慮の面でも非常に優れた薬液注入方式の海洋生物付着防止剤で、海水管内壁腐食の最大要因である微生物腐食を防止する性能も持っております。尚、ユニシェル注入装置(システム)は取り扱いやすく、堅牢で、かつ経済性にも優れております。

上記のような海洋生物付着についてお困りになられているオーナー様は何とぞご検討賜りますようご案内申し上げます。

ユニシェル・システム概略図

ユニシェル・システム使用例

ユニシェル・システム

同装置は小型船から大型船まで幅広く対応可能なように高性能の薬注定量注入ポンプを複数搭載しています。海水の流量に対してごく微量の注入で十分な効果を発揮する経済的な方式です。シーチェスト1箇所~4箇所まで本装置でカバーできること、またタイマー機能を有して、経済性を図る他自由自在に発停を繰り返すことも可能となっております。
※沿岸から10マイル以上離れている場合はユニシェルを使用する必要はありません。
※停泊中使用しないシーチェストは、停泊の初期あるいは中間時に短時間ユニシェルを注入します。

ユニシェルV7(薬液)の特性

【1】人体・魚介類に対する毒性が少なく取り扱いやすい製品です。(海水中にて24時間生分解性)
【2】海水に微量注入するだけで海洋生物付着防止の効果があります。
【3】海水ラインの腐食防止の効果があります。 (微生物腐食防止効果)
【4】引火性がないので貯蔵や注入方法が簡単です。

その他添加剤等

・Yunic 555D 重油添加剤(スラッジ分散)
・Yunic 600S 重油添加剤(スラッグ付着防止、高低温腐食防止)
・Destol-F 重油添加剤(A重油防カビ)
・Econofree A