乗船者デジタル監視および録画システム


テロ対策の一環として、訪船者(舷梯を利用して乗下船する全員)の確認と録画を目的としたシステムです。

 事務室にデジタル監視システムおよび電源ユニット(カメラ電源および映像受信)を設置、両舷の舷梯出入口を監視できる位置に、カメラ架台及び接続箱を取り付けます。
 接岸または錨泊中舷梯をセットするとき、その舷側にカメラを取り付けます。モニタ画面で全監視エリアを設定して、人の通過など映像の変化を感じると、ブサーで映像変化を知らせるので、直ちに確認することが出来ます。
又停泊中の舷梯附近の映像はすべて録画致します。
※出港時舷梯を格納するとき、カメラを架台より取り外し、保管します。

 機 能
・モニタに放映するとき、監視エリア設定無しでも放映できます
・常時モニタ監視することは不可能なので、この場合全乗下船者が確認できるように監視エリア設定を行います。
・人通過などモニタ画面に変化が生じるとブザーで知らせるので、人物の確認が可能です。
・モニタ放映中はすべて録画することになりますが、収録時間が600時間を超えると新しい画像が上書きされます。
 ※録画保存の必要がある場合は、同システムにあるDVD-RWにダビングすることが出来ます。
・高感度カラーカメラは逆光時にも被写体と背景の両方を鮮明に映し出すスーパーファインビュー機能及び薄暗い時でも電子増感が働き、鮮明に映すことができます。


システム構成図 … こちら(別画面)


設置例(ケミカル船)
事務室のテーブルの上に
監視モニタを設置した。
テーブル下にデジタル監視
システム及び電源ユッニトを収納
居住区内通路上部角を貫通の
ケーブル(同軸 RG-12U)BOAT DECK
BOAT DECK入口側を
UPPER DECKに貫通。
UPPER DECK舷梯の正面に
カメラ架台及び
JUNCTION BOXを取り付け。
カメラ取り付け及びJUNCTIONBOXに同軸ケーブル(5C2V)を接続
航海中はカメラを取り外し収納のこと

価 格
設置費用等も含め、お見積もり致します。
問合せフォーム、お電話でお気軽にお問合せください。
 TOP >> 営業案内 >>船舶用テロ対策システム

 安全な航海の為、事故を未然に防ぐ為にも、乗員・船内・訪問者の確認は欠かせません。
 コンパクトに設置できる監視システムをご紹介します。